ロンドンの地下鉄で毎日ボン・ジョビを熱唱!皆んなをハッピーにしたこのオジサンがスゴい!





Koppa
ロンドンの地下鉄で何日もボン・ジョビをパワフルに歌い続けるおっさん!

ツイッターでアップされた画像があまりに微笑ましい、というかちょっと感動したのでリンクを貼っておきたい。

オジサンが歌うのは「リビング オン ア プレイヤー」
80年代に大ヒットしたボン・ジョビの最も有名な曲なのはご存知の通り。

低下層の生活に押しつぶされそうなカップルが、
「信じて強くいれば必ず良い日がやって来る、手を携えて頑張ろう」
とちょっと古風な内容をシャウトするノリのいい曲です。

それをオジサンが電車の中で、ボン・ジョビになりきって熱唱しています。

イヤフォンで曲を聴きながら歌っているらしく、ちゃんと間奏では間を取っているのがまたオカシイんだけど。

最初の印象としては、
「ちょっとイタイ人かなあ、でも害はなさそうだし」
という雰囲気がないでもない。

でもそこはロンドンですから、周りにいる人達はオジサンから距離を取るでもありません。
ごく普通に、「そこにある人」として受け止めている。

全く知らん顔をしている人もいれば笑いを堪えている人もいる。
クスクス笑いを隠さない人もいる。

それがある日、思わぬ発展を見せるんです。

それがこの画像

ちゃんと最後まで観てくれましたか?
どうです、ちょっと感動しませんか。

オット
良いそれ、スゴい!
ボクにもリンクを送ってよ! 
 

ハッピーな人がいたら、自分もつられてハッピーになったっていいじゃないか。

ハッピーの連鎖って素晴らしいなあって思いました。
もちろん音楽の持つパワーにも改めて驚かされた。

それにしてもこのオジサン、すっかり有名人になってしまいましたね。
(顔は映ってないけれど)

このパワー、続けて保って行って欲しいです〜。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です