マナーって何のためにあるの?イギリスのエリザベス女王が見せる本当の礼儀

マナーって本来は何のためにあるんでしょう?

イギリスのエリザベス女王が見せる本当の礼儀というものを垣間見る機会がありました。

もちろん実際にでは無くメディア媒体でですが、ほおおおお〜と感心したので紹介したいと思います。

先日、ロイヤル アスコットでX-JapanのYoshikiのスカーフが風に煽られ、ちょうど前方を通り過ぎたエリザベス女王の肩にかかってしまう、というハプニングがありました。

この時思わず仰天するYoshikiや他の来賓の前で、女王は何事も起こらなかった様に歩き続けコトなきを得,微笑ましいエピソードとなったことは前回の記事でも書きました。
https://koppalondon.com/royalascot-happening/

この時エリザベス女王が気がつかなかった訳ではないでと思います。

女王は場に応じてどう自分が振る舞ったらコトが大げさにならずに済むか知っているのです。

エリザベス女王が晩餐会で見せた本当のマナー

これに関しては忘れられないエピソードがあります。

もう何年も前の話になりますが、前オバマ大統領が就任して間も無く、サミットで夫妻が訪英することになりました。

この時各国の首脳を招いて女王主催の宮廷晩餐会が開かれ、オバマ夫妻も招かれていました。

ディナーが始まる前、別室でゲストが飲み物を片手に懇談します。

もう間も無くディナーという頃、エリザベス女王はちょうどオバマ氏の妻、ミシェル夫人と話していたようです。

そこで「ディナーの用意が整いました」の声。

この時ハプニングが起こりました、ってイギリス側から見てのことですが。

ミシェル夫人が「さあ行きましょう」とばかりにエリザベス女王の肩にに手をかけたのです。

バシッバシッバシッ!
(とカメラのフラッシュが焚かれるイメージで)

その時撮影された写真が次の日、いくつもの新聞の一面を飾りました。

あーあ。

イギリス人なら誰でも知っていることですが、

「決して女王に自ら手を触れてはならない」
という鉄則があります。

女王自らが手を出した場合だけ、その手を軽く取って会釈をする。
これのみがOK。

それ以外は自分から女王にボディコンタクトをしてはならないのです。

Koppa
…..イギリス人てこういう所がイジワルだよねー
そのツーショットを見た時、つくづく思いました。

まるで、「まあ物を知らないアメリカ人よ」という意図的な絵図らじゃないですか。国賓だぞ。

ミシェル夫人だって別に失礼な態度を取ろうとした訳ではない。

それまで親しく話をしていた流れではないか。
彼女が新聞を見た時どんな気分になったか考えて見たコトがあるのか。

典型的なマスメディアの一部を見せつけられ、嫌〜な記憶として残っていました。

実はこのハプニングに対するエリザベス女王の咄嗟な振る舞いがあった

それがずっと後になって、正にそのシーンの動画をテレビで見たんですよ。
驚きました。

実際の映像の流れはこうです。

「ディナーの用意が整いました」とゲストが懇談中にベルが鳴る。

ミシェル夫人が「さあ行きましょう」とエリザベス女王の肩に手をかける。

そして次の瞬間!
ほとんど同時にエリザベス女王がミシェル夫人の背に同じように手をあてたんです。

それを見て、

Koppa
わあこれは、アレ、アレ、あの話ではないか

小学校で読んだ道徳の話が突然フラッシュバック

突然昔の記憶がよみがえりました。

今は知らないけれど、私が子供の頃には「道徳の授業」というものがありました。
教本があり、その名も「道徳」。

いわゆるモラルにまつわる短い「お話」が載っており、特に面白いものでもなかった。

ほとんどの話は忘れてしまったけれど、一つだけ心に残ったものがあります。

「あ、あれだ」と思った方もおられるでしょう。

それは、ある国の女王の話です。
イラストは中世っぽい衣装だったな。

ある時女王が外国のお客様を迎え、晩餐会に招きました。

コース料理が次々と出て、ある料理の後に銀の器にレモンを浮かべた水が供されました。

それを見た外国のお客様は、それもコースの一つと思い、器を手に取るとその水を全部飲んでしまったのです。

でもそれは、料理の合間に指をすすぐ為のフィンガーボウル。

「まあ何とマナーを知らぬ野蛮人よ」

とばかりに周りの人は見下したようにそのお客様を声を立てずに嗤っていました。

すると!

主賓の女王はすぐさまフィンガーボウルをお取りになり、その水を全部飲み干してしまったのです。

今までお客様を嗤っていた他の出席者たちは、皆とても恥ずかしい思いをしてうつむいてしまいました。

と、まあこんな話だったと思います。

マナーとは、一緒にいる人を不快にさせないためにあるもの

よくできた作り話だなあ、と当時は子供心に思っただけですが、それだけは記憶の片隅にしまわれていた。
何となく痛快だったので。

それが、女王とミシェル夫人のビデオ映像を見てボンッと飛び出してきた。

マナーとは、一緒にいる人(人達)を不快にさせないためにあるもの。

決してお高くとまるためのものではないのです。

それをエリザベス女王は体現している、それも身から普通に出ている。

女王はミシェル夫人が自分の背に手を当てた時、周りがどう反応するかよく知っていたに違いない。

それで咄嗟に自ら同じ行為に出たのです。ごく自然な形で。

これが本当の「育ち」というものか〜と感動しました。

Koppa
あの道徳の話はイギリスの実話だったんじゃないの?
何百年経っても人って変わらないよね

そう思いましたもん。
メディアの奴らめ〜、恥を知れ。

当時はQRコードが存在しなかったけど、今だったら写真と動画をリンクさせることも可能でしょう。

意図的に切り取った場面で偏った報道をしないで欲しい……って何の話でしたっけ。

あ、エリザベス女王の話でした。

私は王家礼賛派では決してないけれど、やはり彼女だけは別格だと思います。
まあ年季が違うしね、大体周りにいる人たちが頼りなさ過ぎるし。

歴代の王位就任最長記録を目下更新中です。
チャールズにまだまだ譲らないでね〜。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です