紙、木材、パスタ……プラスチックストローの代わりに何を使うかって?




昨日NHKのニュースで、プラスチックのストローに代わる木製のストローの話をしていました。

何でも杉や、森林をほどよく保つために切る間伐材を使って作るそうです。
これらの木材を機械を使って薄さ0.15ミリの紙状に加工し、それをらせん状に巻いて、ストローの形にしたものだとか。

Koppa
スゴイ!日本の技術。さすが繊細さが違う。

ヨーロッパでもプラスチックストローをやめてしまおうという動きがどんどん進んでいます。

多くのカフェやレストランが既に紙製のものに切り替えている。
中にはパスタ製なんてのもあるらしい。飲みにくそうだけど。

それにしても!

何でそこまでしてストローを使わなきゃならんのか?はなはだギモンです。

うんと小さい子供やお年寄り、何らかの理由で飲むのにエイドが必要な人ならわかります。

でもカフェやレストランで皆んなにストローを配る必要のある飲み物ってそうそうあるんだろうか?

クリームソーダとかコーヒーフロート、フローズンドリンクとか?

持ち歩き用にこぼれないように蓋がしてある氷入りのドリンクとか?

ならばそれらをストロー無しでどうやって飲みやすくするか、そちらを考えるべきじゃなかろうか。

Koppa
私達は甘やかされ過ぎているよね〜

いかに便利に、いかに簡単に努力せずして何でもできるか、そんな事ばかりに心を取られている間にどんどん使い捨ての、それも再生不可能なゴミの山を作り出した結果がこれだ。

カフェやレストランで当たり前のようにストロー出さないで、
「ストローは必要ですか?」
と一言聞いたらどうだろうか。

あれば使うけど、無ければ無いで何とか飲む人が殆どだと思いますよ。
特に子供、こぼさないように飲むいい練習になりますって。

歯にシミがつくからコーヒーもストローで飲んでるって?

やめましょう、いっそコーヒー飲むの。
(なんて言ったら怒られるんだろうな〜)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です