80代からティーンの親子三世代、レンタカーで回る夏の北海道旅行_05 イマドキのカーナビ、頼りにしてるぜ




千歳の日産レンタカーから富良野に向う初日。

ここで1番の頼りはカーナビです。
北海道どころか日本で運転するのは初めての夫、それをナビするのは方向音痴の私なんですから。
日本のカーナビを使うのも初めて。

レンタカースタッフの方に使い方を伝授してもらいました。ドキドキ。

「音声と表示はどうされますか?表示と音声、全部英語にもできますし、それぞれどちらか日本語、英語と選ぶこともできます」

えー、そうなんだ、便利!

次の信号を右に、など方向指示を聞きたい夫のために音声は英語で。
場所の表示は私が名前を見て直ぐわかるように日本語で。
これに決定しました。

「では試しにやってみましょう。最初はどちらへ参りますか?」

「行きたい場所の郵便番号が必要ですか?(イギリスのはそれが一般的)」

「郵便番号でもいいですし、場所の名前でもできますよ。宿泊されるホテルの名前などでも検索できます」

おお〜、進んでいる! 今時のカーナビ。

「えーっと、富良野に行く予定ですが、ホテルの前にどこか寄りたいし……富良野駅じゃなあ。じゃあ富田ファームにします」
(確かラベンダー畑で一番有名だってガイドブックに載っていたなあ、と思い出し)

わかりました、それでは…………と手順を教えてもらい、富良野富田ファームへのナビが始まりました。

「では行ってらっしゃいませ。安全運転で楽しい旅をなさってくださいね」
(クルマ大事に使ってね〜)

「今の車ってスタートボタン、指一本で発車するんだよな」と感慨深げな夫。
「ウチのは鍵入れて回すやつだもんね」
ま、我が家の車は16歳、娘と同い年。比べても仕方ない。

初めての道路と初めての車、運転を得意とする夫もさすがにやや緊張の面持ち。
GO、GO、GO!!!

「ヒャッホー!」

雨が上がったばかりの千歳を後にして、私たちの北海道の旅が始まりました。
曇天の空の色はイギリスみたいだ、と思いながら。

頼りにしてるぜ、カーナビ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です