記録的暑さの中、ロンドンマラソンは大盛り上がり!来年こそはと思っている方、応募締め切りも間近ですよ〜




今年のロンドンマラソンは記録的な暑さの元に催されました!

過去最高気温の23度!…………なんて日本から見たら「何だそれぐらい」って感じるかもしれない。
でも今のロンドンにしてはこの時期23度と言うのはとても暑い。
それに街中を走るのですから、多分ランナーにとって実際にはもっと暑く感じるでしょう。

今年はトラックの金メダリストでもあるイギリスの人気ランナー、モー・ファラー選手が初めてマラソンの大会に出ると言うことで、大会前からかなり盛り上がっていました。

ファラー選手の結果は3位。それでもイギリス選手としては新記録を達成し、キャリア転向の今後の大きな可能性を示したのでした。
暑い気候の中長距離を走るのに慣れる為に3ヶ月エチオピアで訓練を積んだのだとか。
「3ヶ月ぶりに子供と会えたのが嬉しくって」と試合後のインタビューで明るく語っていました。
金メダルをいくつもと取っても陸上競技の選手として続けていくというのは厳しいものですね。
常にトップを走っていなければならない。ヒーローでいるのは大変だ〜。

ヒーローと言えば、ロンドンマラソンで大人気なのが奇抜なコスチュームで走る仮装ランナー達。ヒーローの定番スーパーマンやワンダーウーマンを始め、実に趣向を凝らした人が大勢いました。パディントンベアやドラゴン、果てはビッグベンの着ぐるみを着たランナーもいたりして。
もう、この暑いのにご苦労様です!

大胆な格好をしているその多くはチャリティランナーですが、まあ良くあんなナリで42kmも走れるものだと感心してしまいます。
ちなみに今年優勝したのはフォレスト・ガンプの装いの男性でした。まあ、着ぐるみではないけれど、完走した後も全く疲れた素振りも見せず,感心してしまいました。
彼はチャリティ目的でアメリカ縦断マラソンもしているんだそうです。
ホント、色んな人がいます。

人気のイベントですから、その応募数も大変な数だそうですが、誰でも応募できます。
モチロン日本からでも。
海外からのエントリー料は地元の倍ぐらいで80ポンドと主催会社のサイトに出ていました。
2019年のに応募するなら今ですよ!締め切りは4月末。

興味のある人、詳しくはhttps://www.virginmoneylondonmarathon.com/を見てくださいね。
一般の応募者は抽選の後選ばれるそうです。倍率の平均は出ていませんでしたが。

所で今年は車椅子部門で男子では西田選手が7位、鈴木選手が8位、女子では喜納選手が10位と大健闘しました、すごいすごい!

イギリスのトップ選手達も皆東京オリンピックに向けて目標を定めていると言っています。
23度で超暑いと言っている場合じゃないよね。楽しみだけど、一体どうなるんだろう〜。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です