イギリスのポテトチップス市場に食い込む日本製ポテチ、大人仕様風味で勝負?




お寿司の人気にならって、ワサビの人気大上昇のイギイリス。

そしてついにワサビポテチなるものが売り出されました。
日本で売ってるの?これ。

「お土産だよ〜」
と、先日夫が買ってきたのですが、まあこんなものまで。ねえ。

「カツカレー味のポテトチップス」も売っているそうで、人によると「似ても似つかぬ味」らしい。
でもそれはイギリス製品だったそうです。

イギリス人はクリスプスが大好き。
ビールのお供に、子供&大人のサンドイッチのお供に。

はてはポテチをパンに挟んで食べる人もいる。(うそじゃないよ!)
種類もありとあらゆるものがある。常に何か新しいフレーバーを模索している。

それで今度はわさび味かあ。

そしてこのワサビポテチは日本のあの会社のものではないか。
ついに上陸してきたのか。

早速3人で山分けしていただきましたよ。

1枚食べて、「しょっぱっ!」

ワサビの味もするけれど、うわー、何より塩っぱいよ。

でも食べ始めたら結構美味しかった。
ポテチって塩っぱいものだと思い出しました。しばらく食べてなかったからね。

だって、一度食べたらやめられない、止まらないじゃないですか。
メタボ年齢にはあまりヨロシクナイので、普段自分で買うことはありません。

イギイリスではチップスと言ったらそれはフライドポテトのこと。

日本でいうポテトチップスはクリスプスと呼びます。

それであえて「ポテチ」という固有名詞を作ったんだなあ。
これからポテチが一人歩きしていくのかしら。

ところでこのポテチ、袋の裏を見たらベルギーで製造されたものでした。

ポテトチップスもグローバル化してるのね。
次は何かなぁ。豚骨ラーメン味に賭けようかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です