作り置きパプリカピクルス&茹で鶏胸肉、帰ってからテーブルまで15分のカラフルディナー

パプリカピクルスと茹で鶏胸肉で速攻ディナー!

パプリカピクルスと茹で鶏胸肉、どちらも作り置きしておくと超便利ですよ!

急いで家に帰ってからソッコー15分で出来るスピードメニュー、
茹で鶏胸肉のパプリカソース添え。

あるものを合わせるだけでストレスフリー

冷蔵庫にあるものを切って、合わせただけ。

暑い時は温めるものもないし、これに買ってきたバゲットを切って添えました。
ストレスフリーで楽ちんです。

鶏胸肉を茹でる

茹で鶏胸肉は大きなパックで買って2食分ぐらいまとめて作っておけば5日ぐらい持ちます。
覚書として作り方を。

鶏胸肉は塩と砂糖を振って水気が出たら、ボールに張った熱い湯にくぐらせ、取り出す。

それを顆粒昆布だし、生姜の皮などを入れたひたひたの湯でごく弱火で10分煮てそのまま冷ます。
これを煮汁ごとタッパーに移し、冷蔵庫で保存しておきます。
(冷えた方がハムのように薄く切りやすくて使いやすい)

茹で鶏は冷やしてからスライス

1. スライスした鶏肉を並べ、パプリカピクルスを添える。
2. ネギを刻み、醤油2、味醂1、オリーブオイル2ぐらいの割合で混ぜたソースをレンチン30秒ほどしたものもかけました。味の補足です。

超便利な常備菜

私が冷蔵庫に必ず常備しているものとして、
*レンチンしたブロッコリー
*レンチン人参(チーズおろしでささがき)のスリ胡麻和え、調味料無し。
*パプリカのピクルス
*紫玉ねぎのピクルス
*レンチン用塩麹キャベツ(切って塩麹につけたもの)
があります。

ピクルス以外は3日以内で使い切る量、ピクルスは2週間分ぐらいが冷蔵庫で保存可能。

ピクルスは作っておくと何かと重宝します!

肉や魚のソースがわりにもなるし、サンドイッチやカナッペのトッピングにも使える。

あまり塩味を濃くしてしまわない方が応用が効いて便利、でもその分日持ちはしないので冷蔵庫で2週間ぐらい、夏場の日本だったら1週間ぐらいで食べきれる量を作るといいです。

パプリカピクルス・レシピ

材料

パプリカ 2個
生姜スライス
玉ねぎ 半分
タイム少々
顆粒スープ少々
塩少々
はちみつ大さじ1、5
酢 50ccぐらい
オリーブ油大さじ2

作り方

1 野菜をどんどん切ってどんどんボウルに重ね、タイム、顆粒スープ、塩胡椒少々を振る。

2 はちみつをタラー、酢をドボドボッ、オリーブオイルをタラリー、と回しかける。
3 オーブンペーパーとボウルより一回り小さいお皿を上に乗せ、ラップをふんわりかける。

4 レンチンは800wで10分。500wなら10分してから1回出して混ぜ、様子を見て足りないようならもう少しかける。

5 そのまま冷まし、粗熱が取れたら熱湯消毒したガラス容器に移して保存。
(オーブンペーパーを挟んで蓋を閉めると錆びない。)

次の日からが美味しい

次の日ぐらいからの方が美味しいです。

味付けはおおよその目安なので、酢でもオリーブオイルでもお好きなだけどうぞ。

でも塩味は控えめがいいです。はちみつがなければ砂糖でもいいし、砂糖の代わりに寿司酢でもいい。
辛いのが好きなら鷹の爪とか、山椒とか、なんでもありです。

チーズトーストのトッピングにしたら、見た目も味もググッとアップしますよ〜。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です