コロナ対策でBBCキャスターも安全距離を保ちながらテレビ中継




毎朝見るのが習慣の、BBCのTVニュース。
今は特にコロナウィルスやそれにまつわる情報を確認するのに見ています。

Koppa
てか、それしかやってないし
イギリスでは毎夕、ジョンソン首相を中心とする記者会見があり、新しい政策などを発表している。
ツイートも出しているし、オンラインの記事にもビデオ付きでなっている。

でも一夜明けると、前の晩に今一つ明確でなかったことが新たに細かく説明されてまとまっていることもある。

それにしても!

「各自お互いに2メートル離れて完全距離を保ちましょう!」
そう言われるようになってから、プレゼンターの2人(普段は男女1名ずつ)がソファの端っこに離れて座っている。

テレビの端と端ギリギリの位置に映っている。

不自然さが面白い絵面だ

非常時でも「いつも2人でやっているんだから、こんな時でも2人のままで放送してます」というBBCの姿勢なんだろうか。

2人でいる方が雰囲気が明るくなりやすいしね。

オット
1人じゃコメントや軽いジョークも言いにくいしな

Koppa
ニュースは連日コロナの暗い話題ばかりだし。
朝は特に、少しでも明るくしてくれるのはありがたいよね〜。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です