ロンドンの丘に緑のオウムの群れが舞う!?ペットの鳥は逃さないでくださいね〜

ロンドンの丘に緑のオウムの群れが舞う!

今日は13日の金曜日でしたねー。

クリスチャンでもないのに何故か何となく気になる日です。一瞬だけど。

夫は13日の金曜日になる度に、

オット
僕が数学で95点を取ったのが13日の金曜日だったよ!
とか言って、自分のラッキーデーとしています。

Koppa
何十年前の話だよ〜

その後何かラッキーなことがあったかと言えば、そうでもないみたいだけれど。

一体このオウムたちは何処から来たのか!?

写真はハムステッドヒースで撮ったもの。
この暗さ(昼間なのに)、今年のイギリスの春を象徴しているようです。

そしてこの枝にとまっている鳥、オウムなんですよ。
「ナイトメア ビフォー クリスマス」かなんかと思いました?

このオウムたち、一体何処から来たのか?

この緑のオウムたち、ここ数年ヒースでどんどん増殖しているのです。

イギリスの森に「ギエーッ、ギエーッ」とつんざくようなオウムの鳴き声が聞こえるのはかなり不自然。
ちょっと不気味といってもいい。

最初1羽見かけたときは、
「どっかから逃げてきたんだなあ。可哀想に、イギリスの冬は越せないだろうなあ。」
なんて思っていたのですがとんでもない!

年々増殖して今では森の主みたいな顔してます。

ヒッチコックか?

今年の長くて寒い冬もなんのその、こうして群れを作り、人が近づいてもモノともしません。
ヒッチコックじゃないんだから、怖いわ、もう。

以前は北部のヨークシャーの森で、どこからか逃げたワラビーが増殖しているという話を聞いたことがあります。
そういえばあれからどうなったんだろうか。

とにかくペットは逃さないで!

ペットはくれぐれも逃さないでくださいね〜。
周りの生態系にどんな影響を与えるとも限りませんから。

天気予報によれば来週は晴れの日もあり、気温もぐっと上がるとか。

ホントにいよいよ春が来るんでしょうかね。
あまりに雨が多く寒い日が続いたので未だに信じ難いけれど。

オウムの声もまた一段とヒースに響き渡るんだろうなあ〜。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です