まだハロウィーンも終わってないのに!?

夏が終わればクリスマス?

イギリスの秋は短い!

夏休みが終わると即座にクリスマス商品の売り込みが始まる。

加えてダイレクトメールやらカタログやら頼んだ覚えもないものが続々と届いてきます。

そんなに急かさないで欲しいっ!と気持ち的には思うのですが、実際の季節の移り変わりも早い。

日に日に日照時間が短くなってきて、気温だっていきなり下がってくる。
あれよあれよという間に短い秋は過ぎて冬に突入です。

イギリス秋の行事といえば

イギリスで秋の行事で大きいのはハロウィーン、そして花火の日・ガイフォークス。

でもこれらはお店にとっては一日だけの一過性のお祭り、そしてやはり「子供や若いもんのイベント」のイメージが強い。

パーティーをする人もいるけど、大方は若い世代ばかりが中心です。

そして何よりハロウィーンもガイフォークスもプレゼント交換が無い!
関連商品も限られているしね。

それでお店側ではどちらもサッサと済ませて早くクリスマスムードに移行してほしい。
そんな感じがいつも伺い知れます。

10月にクリスマスの気配がチラホラ

ロンドンのハイストリートには既にクリスマス仕様のデコレーションがお目見え。

まださすがに点灯はしていませんが、これを見ると「今年も後わずかかあ」感が否めないし、ちょっとサミシイ。
一応まだ10月なんですけどっ!

取りあえず、売り切れる前にハロウィーンのランタン用カボチャを買いに行こうっと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です