雲のでき方は季節によって違うの!?空にハケを引いたようなあの美しい雲の名前は?

雲の形やその名前は色々ですが、雲のでき方は季節によって違うんでしょうか?

今朝見た雲はまた素晴らしかった。
青い空にヒュンヒュンヒュンッとハケを引いたようななシマシマ模様

ロンドンで見る巻雲

雲を見るのは大好きだけど、名前と言えばイワシ雲と入道雲ぐらいしか知らない私。

Koppa
ああいう雲にも名前はあるんだろうか?

雲にはそれぞれ名前がある

あるんですねー、ちゃんと。

この雲の名前は巻雲、まきぐもじゃなくって「けんうん」と読む。

上空の高い所にできる上層雲の一種

そして中でもこのハケを引いたような形状は「波状雲」と呼ばれ、氷の粒が集まってできたものなのだそうです。
やっぱり高い所は寒いもんなあ。

ハムステッドヒースで見た波状雲

雲のタイプと季節は関係ない?

雲のタイプは10種類に分かれるそうですが、いつも初夏になる頃面白い雲が観れるような気がする。

できる雲のタイプは季節に関係があるのだろうか?

あるとばっかり思っていました。
でも実は、季節には関係無くどのタイプの雲も1年を通して形作られるとの事です。

ただそれが地上から見えるかどうかが季節によって違うらしい。

湿気の多い時時、上昇気流が発生している時などは上空が見えにくいなど、季節の天候の変化によって左右される。

夏の風物詩入道雲

高さによって3段階に別れる雲

ちなみに雲のタイプは雲のできる高さによって、上層雲、中層雲、下層雲と3段回に分かれている。

上層雲_巻雲、巻積雲、巻層雲

中層雲_高積雲、高層雲、乱層雲

下層雲_層積雲、層雲、積雲、積乱雲

とその中でもまたタイプ別に呼び名がある。

これらの中でもさらにまた細かく分かれているようですが。

バラエティに富んだ雲たちの姿

タイプや呼び名よりも面白いかどうか、雨が降りそうかどうか、そこが興味の対象。

こちらの「自然人」を参考にさせていただきました

毎日欠かさず空を見上げてます。

Koppa
飽きないんだよねえ

ちなみに今朝見た波状雲は「地震の前触れ」なんて言われることもあるそうです。
ただ、根拠はないらしいですよー。
(イギリスに地震無いしね)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です